獣医師みやも&ブリ太郎のすったもんだ日記

愛猫ブリ太郎と、動物病院の日常やどうでもいい日々を綴ります。

こんばんは!
明日はミュウツーの逆襲が始まりますね!

もうCMで半泣きですよ。
見に行くべきか、イメージを壊さないように見に行かないでおくべきか…


さてさて!
今回は動物の誤食シリーズ。イカについて

というのも、先日
『先生、ネコがスルメを食べちゃって…大丈夫でしょうか?
という電話を受けたからであります。

実際のところ、スルメは少量であれば問題がないことがほとんどですが、イカがなぜ問題となるか書いていきたいと思います

e58c631788c8ce995e430967bfe4154a_s


『ネコにイカを食わすと腰を抜かす』

どこかで聞いたことある方も多いのではないでしょうか?
最近は知識豊富な飼い主さんも多いですから、『イカはネコによくない』というのをご存知で、心配されることも多いです。

おそらく電話を下さった飼い主さんも、どこかでこの噂を聞いていたのではないでしょうか…。


さて、ではなぜネコがイカを食べてはいけないのでしょうか?
それにはいくつかの理由があります。


 チアミナーゼという物質が豊富に含まれている 

そもそもなんで腰を抜かすのか?
この原因はイカや魚介類に豊富に含まれる『チアミナーゼ』という物質。

このチアミナーゼ、名前の通りチアミン(ビタミンB1)を分解する酵素(アーゼ)なので、摂取すればもちろんビタミンB1を少なからず破壊します。
そして体内のビタミンB1が必要量を下回ると、ビタミンB1欠乏症を引き起こします。

そして猫は他の動物と比べてビタミンB1の必要量が多いですから、より症状が出やすいのです

ビタミンB1欠乏症は、いわゆる『脚気』
昔の船乗りたちがよく発症していたと言われる疾患で、めまい、ふらつきなどの神経症状を起こします。この様子が『腰を抜かす』と言われる理由です。


…こんなことを書くと、心配してしまう飼い主さんも多くなると思いますが、基本的に問題となるのは『生イカ』です。
というのも、チアミナーゼは熱に弱いから。
加熱処理されたイカやスルメイカなどでは、よっぽど日常的に食べない限りはビタミンB1欠乏症にはなりません。


ただ、生イカに関してはその子によって発症する摂取量は異なりますので、食べてしまったら獣医師に相談してくださいね


 胃の中で膨らむ 

これは生イカよりもスルメイカで言われることだと思います。

スルメイカは乾燥していますから、胃の中で水分を含むと大きく膨張します。
人の胃では問題にならない量でも、人の10分の1ほどの体重のネコでは思ったよりも負担になります。

実際、市販のおつまみ用スルメイカを半袋ほど盗み食いして、一晩中ゲーゲー吐いてしまったという子もいます。


 消化不良をおこしやすい 

これはイメージしやすいかと思いますが、イカは消化によくないです。
なので単純に、大量に食べれば消化不良で嘔吐・下痢を起こす恐れがあります…


 塩分が多すぎる 

これはスルメなどの加工品が問題になることがほとんどですが、塩分も腎臓病になりやすい猫には負担になります。
これも日常的に摂取しなければ問題になることはほとんどありませんが、他の人の食べ物と同様に注意が必要です。



…こんなもんでしょうか?
まとめると、イカは

多量に食べなければほとんど問題にならないけど、基本的に与えてはいけないモノ

です。
イカのみならず、普段の生活でも人の食べ物は与えないようにしましょう
(ワンコにもね!)


5799FF3A-A54B-40D4-919A-E185862089EB
D302B0A2-13CF-4635-9584-2866BFCB42DA


 飼い主さんとペットの名前間違えるはみんな一度は経験しがちです 笑
だって最近渋い名前多いんだもの…(言い訳


ちなみ2例目の海外の飼い主さん。
たびたび名前を変えているようです。(動物シリーズが好き) 


↓ブログランキング参加中です!よければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 


DA655C37-8AAD-460C-9E99-73784734B160
5AA44FCD-B8C5-49D4-9B2B-5B0CC53699CC
CB714011-5725-4472-AD09-9C8C8E11299C
4D8F51B7-888D-4E2D-B58D-29D3E7DD6185

いや、無理でしょ…




たまーにいらっしゃるんです。
私達にはどんな犬でも手懐けられる魔法の力を持っていると思っている飼い主さん

確かにエリザベスカラーや口輪をつければ顔以外は触ることができますが、この例のように飼い主さんでも触れない子は口の中を触るなんて到底無理です…
(鎮静下では可能なこともありますが)


私達もケガはしたくありません。
また、一緒に診察に入って保定をしてくれる看護師さん達にもケガをさせたくないのです。

怒る子は、診察前にあらかじめ教えてください。
事前にエリザベスカラーや口輪を着けていて下さるとなおよしですね!


ただ、はっきり言って怒ってしまって簡単に触れない子は基本的に治療が困難です。
何かあったときに触れない、というのは一気に検査のハードルが上がりますので。
状態が悪い子に鎮静なんてかけたくないですしね


愛犬にいつまでも元気に長生きしてもらうには、誰でも触れるように訓練するということはとっっっても重要です。
(私が学生の頃は『怒る子と肥満の子は短命』と言われていました。) 



↓ブログランキング参加中です!よければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

こんばんは!
なんだか台風が生まれたみたいですね…
どうりで風が強いわけだ。




さて、先週は久しぶりに乗馬へ行ってきました!
場所は車で10分くらいの場所にある乗馬クラブ
こちらは病院に昔から来られている飼い主さんが経営しております


今回乗せてもらったのはニコちゃん
元JRAの練習馬で、オランダからやってきたエリートくんだそう
とっても大きくて、落ち着いた子でした!
私の拙い扶助もしっかり汲み取ってくれるお利口さん。
17歳のおじいちゃんとは思えません…


そして久しぶりの馬の背中はやはり最高!
駆歩なんて空を飛んでるかのようです。
(ニコちゃんが大きいので、よけいに浮遊感がありました)

IMG_2595

跨る私…。
なんて足が短いのでしょう。全然お腹に脚が届いていないではありませんか。



そして今回は看護師さんのTさんも初参戦!
初めてなのに、なんと速歩までできるようになっていました
(馬の歩様には、常歩・速歩・駆歩に分類されます。よく競馬で見る走り方は襲歩と呼びますが、馬術では使いません。)


指導者の技術もありますが、Tさんの運動能力でしょうね
まさか乗って初日でそこまでできるとは思いませんでした。


IMG_2608

こう見るとニコちゃん大きいな~


私たち、ここではのんきにピースなんてしてますが、この後太ももと腹筋の激烈な筋肉痛に襲われます。
乗っている間は気付かないんですけどね 笑



乗馬、楽しいですよー♪
公式で動物と一緒に行うスポーツは馬術だけですから
動物好きならぜひ人生で一度は体験してほしいです


IMG_5656
お鼻の先は柔らかいんです

こんばんは!

6月はなんて忙しいんでしょうか…
毎度毎度すみません。でもそれほど忙しい…


さて、前回はワンコたちの耳の構造と、外耳炎の原因について書きました。
今回はその外耳炎の症状と治療?というか実際の耳のケアについてです


 外耳炎の症状 
前回書いたとおり、外耳炎の原因は主にブドウ球菌マラセチアといった細菌の増殖によるものです。
(中には緑膿菌や異物、腫瘍が原因となることもありますが…)

症状はその子によって様々。
主に出てくる症状は
・耳道の赤み
・耳道の腫れ
・痒み
・匂いの強い耳垢が出る
・膿のような耳ダレが出る

といったもの。

耳道が少し赤くなるといった軽度の子もいれば、耳道が腫れてしまって完全に塞がってしまい、耳垢も膿状のものが多量に出るといった重度の子まで、程度もかなり差があります。


困ってしまうのは、痛みが出てしまうパターン
痛いと触らせてくれませんから、もちろん耳掃除もなかなかできません。
そのためどんどん悪化して、気づいたらひどい状態に…ということがあるので厄介です
(基本的に病院で処置しますが、場合によっては鎮静が必要になることもあります。)


もちろん症状が軽いほど治療への反応がよく、治りも早いです。
大事なのはいかに早期に発見できるか。
慢性化すると結構大変です…



 耳掃除の方法 
外耳炎の治療は基本的に耳道洗浄+抗生剤入りの点耳薬です。
(耳道のただれがひどい場合は洗浄しない場合もあります)

 
今回は基本的な耳掃除の方法を説明します。

ご協力いただくのは、当病院のわんこ『チップ』です
IMG_2605

大人しすぎて、エコー実習をチップでさせてもらった時、外部の先生に『この子は鎮静かかってるの?』と言われたほど。
(全身的に皮膚炎が悪化しているので、現在治療中です)


さて、実際に耳掃除をしていくわけですが…


まず使用するのはこちら

IMG_2597

・洗浄液(エピオティック)
・脱脂綿(柔らかいコットン等ならOK)

洗浄液は大きめのペットショップであれば取り扱っていると思います。
脱脂綿はお化粧用のものでもOKです。


①耳介を持ち上げて耳の穴が見えるようにします
(だいたいの子は動いてしまうので、誰かに頭を押さえてもらうとやりやすいです)

IMG_2598


②洗浄液を数滴入れます。
*入れすぎると溢れます!注意
IMG_2599


③耳の付け根を揉むようにして、耳道を洗います。
IMG_2600

ここがポイント!
前回書いたとおり、犬の耳道は長いです。
IMG_0962

洗い方としては、洗浄液で奥の汚れを浮かせてくるイメージ
綿棒では汚れを取ろうとしてもまず届きませんし、傷つけてしまうこともあるのでこの方法がベストです。
私たちは優しく揉み洗いすることもあれば、グッチュグッチュと音を立てて洗うこともあります。


④最後に洗浄液と一緒に浮いてきた汚れを拭き取ります。
IMG_2601

そして①~④を繰り返すだけ。

爪切りと同様、慣れないうちは一気にしようとはせず、少しづつ洗浄してみましょう。
一度イヤな思いをすると次から苦労してしまうので…

耳掃除は1回だけではありません。
外耳炎を起こしている場合は毎日しなくてはいけないこともあります。
なので特に問題のない時期から、練習をして慣れておくといいですね


ちなみに特に問題のない耳であれば、耳のお掃除は月1回ほどでもいいかもしれません。
ただ、日常的なチェックは忘れずに!
なにかおかしいな?という様子があれば、すぐ病院へ連れてきてください



↓ブログランキング参加中です。よければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ