獣医師みやも&ブリ太郎のすったもんだ日記

愛猫ブリ太郎と、動物病院の日常やどうでもいい日々を綴ります。

こんばんは!
夏ですね!高校野球がアツいですね


さて、今回はネコのバイタルチェックについて。
これまで病気についてちまちま書いてきましたが、最も重要なことを書き忘れていました…

やはり病気について知るには、正常を知ること
なんでもない時の愛猫の状態を知ってこそ、病気の時の異変にいち早く気づけると思います。


ネコのバイタルをチェックする時、最適なのはやはり安静時に見ることです。
なのでベストなのはお家でリラックスして寝ている時
実は病院では極度の緊張で興奮状態にあるので、正確に測定するのは難しいです

なのでここでは、お家でのチェックのしかたを紹介していきます。



 体重 
病院では体重計付きの診察台ですぐ測れるので簡単な体重測定。
お家ではちょっと大変ですよね。

お家で体重を測る時は、ネコを抱っこして体重計に乗ります。
そこから自分の体重をひいて、ネコの体重を計算します。

抱っこして測った体重-自分の体重=ネコの体重


ネコはその子によって体格が全然違うので、いわゆる正常値というものは存在しません。
2kgほどの小柄な子もいれば、8kg近くにもなる大柄な子まで、案外幅が広いのです

体重が適正かどうかは、BCS(ボディコンディショニングスコア)を使ってチェックします。

9B77E471-5956-4966-91EE-01B6F5D82D1A


 体温 
正常なネコの体温:38~39度
幼猫:ちょっと高め
老猫:ちょっと低め
興奮すると39度前半程度までは容易に上がります。
なので病院では39度前半までは問題なしとすることも多いです


体温の測定は自宅でハードルが高いかもしれませんね…。
ネコの体温は基本的に直腸温を測ります。
ネコには被毛があるので、ヒトのように脇の下で測ると誤差が出やすくなります。

病院では、動物用の体温計に使い捨てのカバーをして、肛門に差し込んで測定しています。
プローブカバーは一般でも購入可能なので、お家の体温計で測定することは可能です。


当然ですが突然肛門に体温計を差し込むと驚く&嫌がるので、誰かが抱っこして落ち着かせた後に、そーっと差し込むようにしましょう。
(ウンチに刺さると温度が低めに測定されるので注意です💩)



体温計は少なくとも5㎜程は肛門に入れましょう。
浅すぎるとそこはまだ皮膚なので…

体温計を使用しない方法では、耳の付け根や腹部などの毛が少ない部位で触って確かめる方法もあります。飼い主さんが触って熱いと感じたら、実際に熱が高いことが多いですが、短毛種やもともと毛が薄い子の場合はより熱く感じやすいです。


 心拍数 
100~150/分
幼猫はやや多く、200程度までは正常値とされています。

心拍数の測り方は、①胸に手を当てて心臓の拍動を触知する方法と、②内股の『大腿動脈』から触知する方法があります。
心拍数は基本的に1分間の回数を測定しますが、1分間ずーっと触って数え続けるのはちょっと大変。
なので私たちは、15秒間の心拍数を数えて、それを4倍します。

4628ED5A-E581-4539-9E0B-BAE695CC7BA1


測定するときは、やはりお家でリラックスしている時にしましょう。
遊んだ後など、興奮している時は簡単に上昇してしまいます…


 呼吸数 
20~60回/分

呼吸数は心拍数と比べると測りやすいです。
ネコの呼吸数は、胸の動きを数えることで測定します。

心拍数と同様に1分間の回数を数えますが、15秒数えて4倍では誤差が出やすいので、呼吸数は少なくとも30秒間は数えたほうがいいでしょう。
寝ているところを眺めていればいいので、呼吸数よりも簡単です


健康なネコは静かに一定の間隔で呼吸をします。
以下の呼吸が見られた時は要注意!

・荒く早い呼吸
・鼻翼呼吸(鼻の両側がヒクヒク動くような呼吸)
・開口呼吸

*猫は犬と違って普通は口を開けて呼吸はしません。安静時に口を開けて呼吸をしている場合、何かしらの呼吸器異常が疑われます。(興奮時は開口呼吸が見られることはあります。)

また、猫が苦しい時の寝る姿勢は
①伏せの姿勢(肺が圧迫されるので横になれない)
②犬座姿勢(伏せさえもできない…)
③苦しくて寝ることもできない
といった順に進んでいきます…

もちろん普段と違い見るからに苦しそうなので、すぐ分かると思います。
『なんかおかしいな?』と思ったら、すぐ動物病院へ!
動物達の1番の主治医は飼い主さん達ですから




基本的な体温・心拍数・呼吸数について書きましたが、全てにおいて個体差があります。
1回の測定でそれが異常か正常かを判断するのは少し難しいので、普段からこまめにチェックしてその子の正常値がどの程度かを把握しておくのがとっても重要です



↓ブログランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


こんばんは!

突然暑くなりましたね…
またまた、調子を崩す子が多くなる時期になってまいりました。

ブリも毎日フローリングで伸び切っております


さてさて、先日業者さんから
ねこじゃすり
を頂きました!!!

それがこちら

IMG_2693
\じゃーーーーん!/

ネットや雑誌で巷では有名ですが、こちらを使うとどうやらネコ達がうっとりするそうです

IMG_2694

秘密は裏側。
このねこじゃすり、表面がネコの舌のようにザラザラしていて、撫でるとネコがグルーミングされてるのと同じ感覚を(ネコが)味わえるとのこと。

見ると細かい凸凹がいっぱいあります。


さて…、これを今日もグダグダしているこの方に使ってみますか

IMG_2560 (1)

今日もよく伸びております。


IMG_2688
ふんふん…
なんだこれ

IMG_2685
おお……

IMG_2686
おおお……


いい感じにじゃすられております
なんか気持ちよさそう…

ブリはスリッカーでガシガシされるのが大好きなので、案の定ねこじゃすりも気に入っていました。


『ねこじゃすり』
なかなか優秀ですよ



ひとつだけ欠点があるとすれば…

IMG_2689


めっちゃ毛がこそげ落ちる…

こんばんは!

梅雨が明けたみたいですね
やっと洗濯物が臭くなくなります…


さて、今回はとある病気『膿胸』について!
膿の胸と書いて『のうきょう』と読みます。(JAではありません 笑)


あまり馴染みのない病気ではないでしょうか…
でも実はこの病気、どの子でもなる恐れのある、こわーい病気なのです


 膿胸とは 

膿胸は、何らかの原因で胸膜に細菌感染を起こし、胸腔内に膿が貯留してしまう病気です。
ここでは猫の膿胸について触れますが(多いので)、犬ももちろん罹ることはありますし、人間だって例外ではありません。

胸腔とは、肺や心臓が収まっている部位、腹腔内とは横隔膜で隔てられています。

本来胸腔内は真空状態。(だから肺が簡単に膨らむことができるのです)
そんな所に空気が入るだけでも苦しくなってしまいますが(これは気胸と言います)、そこに液体、しかも細菌いっぱいの膿が溜まるとなると、そうとう苦しく、命にも危険が及ぶこともあります…。


 原因 

そんな恐ろしい膿胸、実はほとんどの症例で、原因は不明です。


…それはなぜでしょうか?

膿胸はじわじわと静かに進行し、ある日突然症状が現れることが多い病気です。
なので、原因と思われる出来事から時間が経ってしまい、結果的に分からなくなってしまうのですね

ですが、膿胸は基本的に細菌感染によって起こりますから、おおまかに原因は絞られます。

・ケンカ(胸部に爪や牙による傷が入る)
・事故(胸部のケガによる感染)
・食道からの傷(尖ったものなどを食べて食道から胸腔へ細菌感染を起こす)
・肺炎(化膿性肺炎の波及)
・腫瘍(二次的な細菌感染)

などなど。
この中でも、圧倒的に多いのは外傷(ケンカ・事故)です。
そんなワケで、自由に外へ行く猫ちゃんに起こることがほとんどです…。


 症状 

第一の症状はやはり、『呼吸が苦しい』です。

液体が胸腔に溜まれば、肺を圧迫して膨らむのを邪魔しますから、溜まる膿の量が多くなれば多くなるほど苦しくなります。

『苦しくなる』と簡単に言いますが、ネコ達が苦しい時を見極めるのはそう簡単ではありません。

この子達は自分たちが調子が悪いことを隠しますから…

ネコ達は呼吸が苦しくなると、以下のような症状が見られてきます。

・元気がなくなる
・食欲が落ちる
・呼吸回数が多くなる
・鼻をヒクヒクさせながら呼吸する(鼻翼呼吸)
・横に寝られなくなる(肺が圧迫されるので)
・寝ることもできなくなる(犬座姿勢をとる)
・開口呼吸をする
・チアノーゼ(舌色が青白いor青紫色になる)

(たまに若くて元気な子は、めちゃくちゃ暴れ回った後に一時的に開口呼吸をすることはありますが、その時とは顔つきが全く異なります。)


1番客観的で分かりやすいのは呼吸回数ですね。
運動した後は基本的に呼吸が早くなるのは当たり前なので、落ち着いている時…極端に言えば寝ている時に呼吸数を数えてみましょう。

正常時の猫の呼吸数は、1分間当たり20~30回
(ただ、1分間ずーっと数え続けるのは大変なので、15秒間だけ数えてその数を×4して1分あたりの回数を出します。(私たちもその方法で数えます))

それが1分間に80回、90回も呼吸していたら…
気温が関係していることもありますが、基本的には異常です。
病院での診察を強くおすすめします。


さて、ここまでは胸腔に液体が溜まることで起こる物理的な問題でした。
さらに膿胸では、そこに細菌感染というイヤ~な要素も加わります。

なにしろ胸腔内に溜まっているのはただの液体ではなく、細菌だらけの『膿』ですから…。
もちろん治療が遅れれば症状は全身へ及びます。

場合によっては、菌血症敗血症、さらにはDIC(播種性血管内凝固)といった恐ろしい合併症を引き起こすことさえあるのです。
これが『膿胸』の致死率が高い理由ですね。

緊急性が高い病気ですから、私たちも見つけ次第大急ぎで処置します


 診断 

基本的に診断はレントゲンエコー(胸水の採取)です。

IMG_2659

IMG_2660

これが膿胸症例のレントゲン写真です。
片方の肺が真っ白になって見えなくなってしまっています。
実際には肺はこの中に存在するのですが、大量に膿が貯留することで見えなくなってしまっているのですね。(レントゲンでは空気は黒く、液体はやや白く写ります)


これだけでは、胸水と鑑別ができませんので、次にエコーを用いて胸水の採取を行います。
そこで膿汁が採取されれば、『膿胸』と診断されるというわけです。
(肺炎や腫瘍の有無はまた別ですが…)


しかし膿胸の診断はそう簡単ではありません。
なにしろ膿胸の子たちは、連れてこられた時点でかなり呼吸状態が悪い子がほとんどですから。
検査も慎重に慎重に行います。
検査中に容体が悪化…なんてことも十分起こり得るので


 治療 

膿胸の治療は比較的シンプルで、

・胸腔内の洗浄
・抗生物質の投与

が基本的な方法です。
私が勤務する病院では、

①最初に膿汁をできるだけ抜去する。
②呼吸状態をなるべく改善させた状態で胸腔ドレーンを設置・留置する
③ドレーンを使用して胸腔内を洗浄する
④抗生物質を投与

①~④を最低1週間ほど続けます。
その間は入院管理です。(場合によっては酸素室内で)

基礎疾患(腫瘍や肺炎といった他の病気)がなければ、この方法でほとんどの子は改善します。





さてさて、こんなイヤな『膿胸』。
予防できる方法というと、ひとつはやはり『外に出さないこと』です。
やはり大部分が外でのケンカや事故によって起こっていますので。

もちろん室内飼育でもなってしまうことはありますし、いくら気を付けていても防げないこともありますが、外ネコちゃんはリスクが桁違いです。
やはり私たちは、なるべく室内飼育をすることをおススメします。


また、どの病気でもそうですが、病気の早期発見は飼い主さんの観察力がとっても大事です!
いつもと違う様子が見られましたら、お早目に動物病院へ




↓ブログランキング参加中!よろしければクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


こんばんは!
今年はあんまり暑くなりませんね…

今回は
『本当にあった動物病院の事件簿』 
です。
先日、とある珍事が起こりました。

C03671C0-8CD7-4526-B478-7F6819C0909C
B9548535-D5A9-4A40-9B5F-357946341C32
 

 …本当に申し訳ありませんでした……
でもきっちり仕事こなされていることが分かってとても安心しました。

どうやら犬などの動くものにもセンサーが反応してしまうとのこと。
院長の犬、超大型犬だしそりゃ反応するよね…


警備員の方々もとってもビビったそうです
そりゃ犬が待ち構えてるとは思いませんもんね。
大変失礼しました。

 

こんばんは!
明日はミュウツーの逆襲が始まりますね!

もうCMで半泣きですよ。
見に行くべきか、イメージを壊さないように見に行かないでおくべきか…


さてさて!
今回は動物の誤食シリーズ。イカについて

というのも、先日
『先生、ネコがスルメを食べちゃって…大丈夫でしょうか?
という電話を受けたからであります。

実際のところ、スルメは少量であれば問題がないことがほとんどですが、イカがなぜ問題となるか書いていきたいと思います

e58c631788c8ce995e430967bfe4154a_s


『ネコにイカを食わすと腰を抜かす』

どこかで聞いたことある方も多いのではないでしょうか?
最近は知識豊富な飼い主さんも多いですから、『イカはネコによくない』というのをご存知で、心配されることも多いです。

おそらく電話を下さった飼い主さんも、どこかでこの噂を聞いていたのではないでしょうか…。


さて、ではなぜネコがイカを食べてはいけないのでしょうか?
それにはいくつかの理由があります。


 チアミナーゼという物質が豊富に含まれている 

そもそもなんで腰を抜かすのか?
この原因はイカや魚介類に豊富に含まれる『チアミナーゼ』という物質。

このチアミナーゼ、名前の通りチアミン(ビタミンB1)を分解する酵素(アーゼ)なので、摂取すればもちろんビタミンB1を少なからず破壊します。
そして体内のビタミンB1が必要量を下回ると、ビタミンB1欠乏症を引き起こします。

そして猫は他の動物と比べてビタミンB1の必要量が多いですから、より症状が出やすいのです

ビタミンB1欠乏症は、いわゆる『脚気』
昔の船乗りたちがよく発症していたと言われる疾患で、めまい、ふらつきなどの神経症状を起こします。この様子が『腰を抜かす』と言われる理由です。


…こんなことを書くと、心配してしまう飼い主さんも多くなると思いますが、基本的に問題となるのは『生イカ』です。
というのも、チアミナーゼは熱に弱いから。
加熱処理されたイカやスルメイカなどでは、よっぽど日常的に食べない限りはビタミンB1欠乏症にはなりません。


ただ、生イカに関してはその子によって発症する摂取量は異なりますので、食べてしまったら獣医師に相談してくださいね


 胃の中で膨らむ 

これは生イカよりもスルメイカで言われることだと思います。

スルメイカは乾燥していますから、胃の中で水分を含むと大きく膨張します。
人の胃では問題にならない量でも、人の10分の1ほどの体重のネコでは思ったよりも負担になります。

実際、市販のおつまみ用スルメイカを半袋ほど盗み食いして、一晩中ゲーゲー吐いてしまったという子もいます。


 消化不良をおこしやすい 

これはイメージしやすいかと思いますが、イカは消化によくないです。
なので単純に、大量に食べれば消化不良で嘔吐・下痢を起こす恐れがあります…


 塩分が多すぎる 

これはスルメなどの加工品が問題になることがほとんどですが、塩分も腎臓病になりやすい猫には負担になります。
これも日常的に摂取しなければ問題になることはほとんどありませんが、他の人の食べ物と同様に注意が必要です。



…こんなもんでしょうか?
まとめると、イカは

多量に食べなければほとんど問題にならないけど、基本的に与えてはいけないモノ

です。
イカのみならず、普段の生活でも人の食べ物は与えないようにしましょう
(ワンコにもね!)

↑このページのトップヘ