獣医師みやも&ブリ太郎のすったもんだ日記

愛猫ブリ太郎と、動物病院の日常やどうでもいい日々を綴ります。

こんばんは…

もう、毎日忙しすぎる…
忙しすぎて久しぶりに風邪ひきましたよ。

風邪なんてひくの何年ぶりだろう…


まあそれはそれとして。



今回はノミダニの話Part2
実際に駆除に使うお薬の話

ノミダニに対するお薬(駆虫薬)はいくつか種類がありますが、ほとんどのお薬が持続型で作用期間が長くなっています。
なぜならノミダニはその場で駆除しても、またすぐについてしまうから。
ノミダニのお薬は駆虫というよりは予防目的の方が重要なように思います。


 予防薬の使用方法の違い 

前々回書いたように、ノミダニの予防薬には外用タイプ内服タイプがあります。

メジャーなのはやはり外用タイプでしょうか?
外用タイプというとちょっと分かりにくいですね。
首の後ろに滴下するスポットタイプが外用タイプのエースになります。
基本的に1か月間効果が持続します。

注意事項としては、
①口の届かないところにつけること(舐められないようにすること)
②つけた前後2~3日はシャンプー等を避けること
特に①はネコでは注意です。猫は案外首が回りますので…



その他にも、首輪タイプのものも昔から使われている方法ですね
首輪タイプも効果が持続しますが、なにぶん首に着けておくものなので、雨風の影響や毛並み等に影響されやすいのが難点です。
少なくとも3~4か月に1回は交換するようにしましょう


また、最近では内服タイプのものも増えてきました。
こちらも1か月間効果が持続します。
錠剤タイプもありますが、私の勤務している病院ではオヤツタイプのものが人気があります。


 お薬の成分について 

さて、ノミダニの予防薬はどうやって効果を発揮するのでしょうか?
どうして動物の身体には害がないのでしょうか?


予防薬の成分にも、やはり種類があります。
(ちょっとだけ細かい話になります

①有機リン系殺虫剤・カルバメート系殺虫剤
これは古くから使われている薬剤のひとつです。
虫体で、運動神経の興奮に必須のアセチルコリン分解が阻害されることで、運動麻痺を起こして死亡します。
ただし注意が必要なのは、これらは農薬と同様の薬用成分ということ。
有機リン中毒というものもあるので、口にしたりしないよう注意が必要です。
これらの薬剤が首輪タイプのもので使用されているのは、このためです。


②ピレスロイド系殺虫剤
これは除虫菊の成分として有名ですね。
衣装ケースの防虫剤にもよく使用されます。

これも神経興奮の伝達を阻害する効果は同じですが、作用する場所が少し違います。
(ナトリウムチャネルを開いたままに固定します。)
有機リン系と比べて安全性が高いため、外用に広く使用されています。


③昆虫成長制御物質(IGR)
ルフェヌロンという薬剤がこのタイプの代表的なものです。

ノミダニなどの昆虫の表皮は、キチンと呼ばれる硬い殻でできていますが、ルフェヌロンはこのキチンの合成を阻害します。
ルフェヌロンの優秀なところは、ノミの卵と幼虫の発育も阻害してくれるところ。
動物がこの薬剤を服用すると体内に蓄積され、ノミが吸血することで薬剤がノミの卵に移行します。
その結果、ノミのライフサイクルが断たれて駆除されるというわけです

この薬剤は内服薬、または注射薬として使用されています。


④ネオニコチノイド系薬
こちらも神経興奮の伝達に作用する薬剤です。
詳しく書こうとすると細かくなっちゃうので書きませんが、ニコチン様作用をもつ比較的新しいタイプの殺虫薬です。
特徴はやはりその即効性ですね
投与後約6時間で効果が見られてきます。

脊椎動物では毒性が弱く、昆虫には強力に作用するのも特徴のひとつ。
うちの病院でもアドバンテージという製品でこの薬剤を使っています


⑤フェニルピラゾール系薬剤
こちらも神経伝達に作用する薬剤です。
こちらも簡単に書きますが、寄生昆虫の抑制性神経であるGABA受容体に結合してこれを遮断する効果があります。
特徴は安全性と即効性。
④と同様、昆虫には強く作用するものの、脊椎動物にはほとんど作用は見られません。
また、皮膚からの吸収もほとんどなく安全性の高い薬として、最近急速に広まっています。

CMでもよく見るフロントラインの成分はこちらです
他の薬剤に耐性を持ったノミにも効果があります。



さてさて、ざっくりと予防薬を分類しましたが、
本当に書きたかったのは新しい薬、『ブラベクト』について!


つづきは次回…

こんばんは!

今日は休日なので、またまた実家で田んぼの手伝いでございます。
(ノミダニの話はまた後日…笑)

先日の記事種まき…農家ならすぐわかるフレーズでは、種まき前の準備について書きました。
実はその後、休日(私がいない日)に家族の他のメンバーで種まきを行い、スクスクと苗は成長していました…。

5月にいよいよ田植えを控えた私たちの田んぼ。
お米を育てるには苗も重要ですが、その苗を育てる場所である田んぼはもっと重要。
田植えの前にはもちろん準備が必要です。


今日の作業はその田んぼの肥料撒き
あらかじめ耕された田んぼに、まんべんなく肥料を散布する作業です。

IMG_2108
撒く肥料はこちら!
『有機万栽』
なんだかとっても育ちそうでしょ?笑

IMG_2107

そしてこちらが母から託された謎のメモ。
(北東と西の田んぼに5.5袋、南に4袋撒けという意味です)

IMG_2111

そしてそして、今回ご活躍いただくのがこちら。
なんだか胡散臭い見た目ですが…

どうやら父がネットオークションで購入したもよう。(1000円)
やっぱり胡散臭いじゃん!しかも今年から使うのかよ!


なんだかめちゃくちゃ不安ですが、去年も同様のものを使ったとのことなので、言われた通り使うことに…。
(ていうかほんとに手で撒くの…?もう平成終わるよ?……ブツブツ…)

IMG_2112

使い方、しくみはとっても単純。
背中に背負う袋に肥料を入れて、パイプからざかざか振り撒くだけ。

IMG_2114


そしてひたすら歩く…歩く……
均等に均等に……


ああ、なんて地道な作業。
そしてこの方法は手作業のため、やりかたによってはとても偏ります。

実際うちの父は高田純次に次ぐ適当さなので、見ていて不安しかありませんでした。
(超几帳面な母の指示により、この直後私が交代しました。笑)


しかしこの散布器、満タンで肥料を入れると20kgにもなります。
それを背負ってひたすら歩き…軽くなっては補充し…
気が遠くなる作業でした。


ちなみに今日は晴れていて田んぼは乾いていましたが、雨が降ったりしてぬかるんでいると最悪。
母は途中で腰がぬけて田んぼの真ん中で泣いたことがあるそうです。かわいそうに…笑



あ、ちなみにこの肥料を散布する機械をトラクターに取り付けられるタイプのものもあります
そしてむしろそっちのほうが主流だと思います…


断然そっちのほうがキレイに仕上がるし楽なのですが、なんせうちにはお金がありませんので
今後もこの派手な道具に頼ることになりそうです

IMG_2127

田んぼ沿いの菜の花畑♪
(この後母に全部刈られます)


5月のGWはついに田植えにかかります!
私は行けないんですけどね!


春です。
さすがに春ですね!

春といえば…

ノミダニの季節ですね

春は予防シーズン。
混合ワクチン、フィラリア予防に並んで、ノミダニ予防もとっても重要です。

81e78d50b0478e4a3d0d1162c9e955d8_s

 ノミダニって何が怖いの? 

さて、犬猫を飼っていれば話にはよく聞くノミダニ
実際この虫たちのどこが怖いのでしょうか?


まず、ノミやダニには実は様々な種類がいます。
特にダニの種類は数えきれないほど…

顕微鏡でしか見られないツメダニやヒゼンダニ、ニキビダニなども犬猫で問題になりますが、ここで挙げるダニはひとまずマダニとさせていただきます。
(マダニは肉眼で確認できるダニです。抱血すると大豆くらいの大きさほどにまでなります。)

ノミやダニが動物に寄生すると起こる困ったことは、

皮膚症状
ノミやダニは皮膚へ直接影響しますから、多数寄生してしまうと皮膚炎を起こします。
特にノミは寄生すると痒いです。掻きむしるうちに皮膚が荒れていってしまうこともあります。
体質によっては、アレルギー性皮膚炎を引き起こす原因になることもあります。


貧血
ノミやダニは、蚊と同じように動物の血を吸って生きていますから、
大量に寄生して血を吸われてしまえば、もちろん貧血してしまいます。
実際、ノミ寄生によって重篤な貧血状態になったノラ猫を見たこともあります。
(ノミ駆除したら回復しました)


病気の媒介
ノミダニが直接引き起こす症状よりも怖いのが、この媒介疾患です。
ノミでは、以前犬と猫の寄生虫!で書いた瓜実条虫を媒介することがあります。
一方、ダニでは貧血の原因となるバベシア症ヘモバルトネラ症、人間にうつる病気としては、ライム病日本紅斑熱、最近話題となっているSFTSなど、重篤な病気を媒介することが多いです。


ノミダニの予防は、直接的な寄生の予防の他にこれら重篤な病気を予防する目的もあるのです。


 いつからいつまで予防すればいい? 

これは飼い主さんにもよくされる質問です。
答えは…
『予防は1年中した方が安心』
です。

ノミの感染ピークは梅雨時期から夏、ダニの感染ピークは梅雨時期の2回ですが、冬でも彼らは生息しています。
特に室内は気温が高く、ノミダニにとっても快適な環境になるので、知らず知らずのうちに大発生してしまうこともあるので注意が必要です。

また、ノミやダニは人間にもつくことがあります。
室内飼いだから…と安心しきって予防しないでいると、いつの間にかペット共々ノミだらけ…
なんてこともあるかもしれないので、通年の予防がおすすめです。



 予防方法は? 

最近は予防薬もたくさんの種類が作られています。
製品は多くの種類がありますが、大きく分けるとスポットタイプ内服タイプの2種類です。

ほとんどの製品が1か月に1回使用するものなのですが…

予防薬については次回、説明したいと思います。


これからの季節、お外に行く子は予防必須ですよ~
それでは楽しいお散歩ライフを!

↑このページのトップヘ